【国道49号】道の駅 にしあいづ

道の駅 にしあいづ

道の駅 にしあいづ レイアウト図

道の駅 にしあいづ レイアウト図

施設概要

住所:耶麻郡西会津町野沢字下條乙1969-26
電話:0241-48-1512
営業時間:9:00~19:00
定休日:12月31日、1月1日
駐車場:普通車(86台)、大型車(9台)、障がい者専用(3台)
公式サイト:道の駅 にしあいづ
レストラン櫟(いちい)
電話:0241-48-1512(代)
営業時間:9:00~LO18:30
定休日: 12月31日、1月1日
席数:44席、テラス15席
タバコ:全席禁煙
交流物産館 よりっせ
電話:0241-48-1512(代)
営業時間:9:00~LO18:30
アクセス
大きな地図で見る

地元のお母さんの元気な手作りの味

そそり立つ天丼
▲特産ミネラル野菜たっぷり丼 そそり立つ天丼 830円
 運ばれて来るなり歓声が上がる名物「そそり立つ天丼」。季節の西会津ミネラル野菜約7種類の野菜天とエビ天がのり、ボリュームも味わいも満載だ。自慢の特産野菜は、アクが少なく甘みが強いので、天ぷらでその味わいが一層引き出される。メニューは和洋あり、化学調味料を用いず、天然だしで手作りされる味わいはまた格別。
 「手造り薬膳カレー」は、野菜の素揚げ添えのお洒落な盛り付け。自家調合のスパイスを効かせた中辛で、野菜の時期によりルーの味わいが微妙に変化する。
その他のメニュー
ラーメンセット……………770円
手造り薬膳カレー……………830円
かあさんのオムライス……………830円
特製ハンバーグセット……………940円
天ザルそば……………940円

売場記事

地元と、沖縄・宮古島の特産品

売場
 「当館は、広々としたワンフロアに、売店とレストラン、休憩所を設けておりますので、ゆったりと買い物や食事がお楽しみいただけます。人気の西会津ミネラル野菜は、新潟県の方もこれを目当てに来られるほどで、初めての方には、私もぜひおすすめしたい地元の特産品です。米も、ミネラル米コシヒカリがあり、レストランのご飯もこれを使って「おいしい」と喜ばれています。
 野菜の直売コーナーの奥には、会津エリアの民芸品ほか、「沖縄宮古島コーナー」があり、友好都市沖縄の特産品やお土産品選びもお楽しみいただけます。
 面白いところでは、畳の休憩スペースもありますので、ひと休みにご利用ください」。

豊かなうまみと風味の西会津ミネラル野菜

ミネラル野菜
 健やかな土づくりから手掛けることで、低農薬栽培を実現している。「野菜本来の風味が濃い」「色が鮮やか」と評判で、一年を通して季節の野菜が直売されている。

厳しい冬の寒さが醸す会津栄川酒造の名酒

会津栄川酒造の名酒
 西会津の蔵元、会津栄川(さかえがわ)酒造。当地ならではの厳しい冬の寒さが、伝統的な深い味わいを醸し出すと言われ、駅長もおすすめだ。果実味ある上品な口あたりの「大吟醸石田三成」、「うすにごり吟醸酒」(1700円)ほか。

町内の名菓が勢揃いのスイーツバイキング

スイーツバイキング
 バラ販売を充実させており、町内の菓子店4軒の自慢の和洋菓子がちょっとずついろいろ求められる。もなかやまんじゅう、クッキー、ロールケーキなど、あれこれ迷うのも楽しい。参加は、菓子竹、上野菓子店、清水屋製菓舗、イシイパン店。

多良間産純黒糖は100g100円から

多良間産純黒糖
 かつて町民の健康管理が課題となっていた時期に、長寿で知られる現沖縄県宮古島市との交流を始め、交流物産館内にも「沖縄宮古島コーナー」が設けられた。写真は、ミネラル豊富で栄養価も高い、純黒糖。30㎏の塊で仕入れている。

西会津伝統の車麸と新名物の米粉バーガー

米粉バーガー
 「丸十」の車麸は、煮崩れせず、歯応えが残る食感が魅力の人気の土産品。館内では、甘辛く煮たこの麸をサンドした、米粉バンズの「ベジメルバーガー」(土日限定300円)も登場。ミネラル野菜たっぷりで、麸は肉のようだと話題。

生産者インタビュー

昔ながらの製法を守る手づくり炭火焼き車麸
 「車麸は、昔から製法を変えず作っています」と田崎さん。重曹を使わないので、身がみっちり詰まり、煮てもしっかりとした食感が残るのがその特徴だ。1工程で24本、生地を3回巻きながら4時間かけて仕上げて行く。「みなさんにおいしいと言われるので、やりがいがありますね」と田崎さん。今や全国から引き合いのある人気ぶりだ。車麸(小)340円から。


PAGE
TOP