【国道289号】道の駅 しもごう

道の駅 しもごう

道の駅 しもごう レイアウト図

道の駅 しもごう レイアウト図

施設概要

住所:南会津郡下郷町大字南倉沢字木賊844-188
電話:0241-67-3802
営業時間:8:00~18:00(12月~3月は8:00~17:00)
定休日:12月31日、1月1日
駐車場:普通車(31台)、大型車(8台)、障がい者専用(1台)
レストラン みくら
電話:0241-67-3802(代)
営業時間:11:00~18:00(12月~3月は11:00~17:00)
定休日:12月31日、1月1日
席数:50席、テラス28席
タバコ:全席禁煙
レストラン みくら・テイクアウトコーナー
電話:0241-67-3802(代)
営業時間:11:00~18:00(12月~3月は11:00~17:00)
農産物直売コーナー
電話:0241-67-3802(代)
営業時間:8:00~18:00(12月~3月は8:00~17:00)
特産品販売コーナー
電話:0241-67-3802(代)
営業時間:8:00~18:00(12月~3月は8:00~17:00)
テイクアウトコーナー
電話:0241-67-3802(代)
営業時間:8:00~18:00(12月~3月は8:00~17:00)
アクセス
大きな地図で見る

眺望抜群のレストラン

会津地鶏丼
▲下郷産の地鶏と卵を使った丼 会津地鶏丼 850円
 外の景色の眺めが良いレストラン。おすすめの「会津地鶏丼」は、下郷町の「こだわりの農園 阿久津農園」で飼育している会津地鶏の鶏肉と卵を使用。会津地鶏は、コクとうま味のある鶏肉で、中央には会津地鶏卵がのっている。米は下郷産のコシヒカリで、みそ汁、お新香が付く。
 下郷の猿楽台地で生産されたそばを使った「天ざる蕎麦」や季節の野菜を使用した「みくらパスタ」、「会津地鶏カレーライス」など和洋の多彩なメニューが揃う。食後のトアルコトラジャコーヒーもおすすめ。
その他のメニュー
みくらパスタ……………830円
じゅうねんうどん……………830円
会津地鶏カレーライス……………850円
会津地鶏チキンソースかつ……………1,000円
天ざる蕎麦……………1,150円

売場記事

下郷の自然の恵みがいっぱい

売場
 農産物の直売コーナーでは、地元下郷産の会津地鶏の卵や米、野菜、果物、とち餅などの加工品を販売している。「中でもおすすめは、下郷トマト「麗夏」です。トマトが固くて実が締まっており、本来のトマトならではの味で、インパクトがあるんです。販売時期は7月下旬から10月頃まで。さらに下郷のリンゴもおすすめです。イチ押しのリンゴ「ひめかみ」は、9月中旬から10月初旬が収穫時期になります。そのほかにも、「やたか」、「ふじ」などのリンゴもおいしいですね。それから、阿久津農園の阿久津さんの会津地鶏卵は、抗生物質などを使用しない配合飼料で育てていて、コクのあるうま味と低コレステロールの自然の卵です」と星さん。

身が締まって美味下郷産のトマト

下郷産のトマト
 下郷産のトマトは、糖度が高く、身が引き締まった食感が特徴。7月から10月まで生産されており、下郷町の気候と標高の高さにより、昼夜の気温差が生じ、品質の高いトマトが生産される。中でも「麗夏」は、駅長おすすめのトマトだ。

下郷産リンゴ「ひめかみ」

ひめかみ
 温暖化気候により、下郷町で甘みのあるおいしいリンゴが収穫できるようになった。中でも9月中旬から10月初旬に収穫される「ひめかみ」は、駅長のイチ押し。収穫時期をずらした、「やたか」「ジョナゴールド」「ふじ」も人気がある。

しもごう じゅうねんの里

じゅうねんの里
 ごまよりも芳香が強く、風味もある下郷の特産品「じゅうねん(えごま)」を使用した食品の数々。「じゅうねんドレッシング」や「えごまの葉みそ」は、手軽に食べることができとても好評だ。佐藤駅長おすすめの「じゅうねんかりんとう」も人気。

金子牧場の牛乳を使用、人気のソフトクリーム

人気のソフトクリーム
 平成21年のオープン時から人気のソフトクリーム・バニラは、下郷町の金子牧場のジャージー牛の牛乳を使用した人気商品(大350円、小250円)。ブルーベリージャムをかけたソフトクリーム(370円)も大人気でおすすめの味。

豆にこだわったコーヒーも美味

豆にこだわったコーヒー
 テイクアウトコーナーとレストランで、珈琲豆から淹れる本格的な「トアルコトラジャコーヒー」を提供している。下郷の自然の景色を眺めながら、本格コーヒーを楽しみたい。

生産者インタビュー

丹精込めて育てた会津地鶏卵を届ける
 「道の駅 しもごう」の近くに「こだわりの農園 阿久津農園」がある。農園には「会津地鶏ハウス」、「里山トマト桃太郎畑」があり、会津地鶏を飼育して、会津地鶏卵やトマトなどを生産している。会津地鶏は、平飼いで飼育するため、赤味が強く、コクとうま味のある鶏肉。卵も、コクのある味わいが評判で通年販売をしている。「私が丹精込めて育てた自信作です」と阿久津さん。


PAGE
TOP