【国道459号】道の駅 裏磐梯

道の駅 裏磐梯

道の駅 裏磐梯 レイアウト図

道の駅 裏磐梯 レイアウト図

施設概要

住所:耶麻郡北塩原村大字桧原字南黄連沢山1157
電話:0241-33-2241
営業時間:8:30~17:30(11月中旬~4月中旬は8:30~17:00)
定休日:無(11月中旬~4月中旬は水)
駐車場:普通車(57台)、大型車(8台)、障がい者専用(3台)
公式サイト:道の駅 裏磐梯
桧原亭
電話:0241-33-2241(代)
営業時間:10:00~16:00(11月中旬~4月中旬は~15:00)
定休日:無(11月中旬~4月中旬は水)
席数:54席、テラス20席
タバコ:全席禁煙
林産物展示販売コーナー
電話:0241-33-2241(代)
営業時間:8:30~17:30(11月中旬~4月中旬は8:30~17:00)
農産物直売所
電話:0241-33-2241(代)
営業時間:8:30~17:30(11月中旬~4月中旬は冬期休業)
だんごや
電話:0241-33-2241(代)
営業時間:10:00~16:00(11月中旬~4月中旬は冬期休業)
アクセス
大きな地図で見る

地元産蕎麦とかつ丼がおすすめ

会津山塩ラーメン
▲深い味わいでリピーター続々 会津山塩ラーメン 700円
 大塩裏磐梯温泉の源泉を薪釜で煮詰めて作る「会津山塩」。その味わいは「最初に甘味が感じられ、後からまろやかな塩気が追いかけて来る」といわれる繊細なもの。その特製塩ダレに、鶏ガラと節、野菜のうまみののったスープを加えたのが、深みがありながらあっさりとした、人気の「会津山塩ラーメン」だ。
 かつ丼は、ソース味と味噌味があり、いずれもお新香とみそ汁付き。夏期には、地元産そば粉を用いて毎朝蕎麦打ち職人が手打ちする蕎麦も名物で、これを目当てに訪れる人も多い。
その他のメニュー
喜多方ラーメン……………600円
手打ちざるそば……………750円(夏期のみ)
ソースかつ丼……………850円

売場記事

北塩原村自慢の味わいをどうぞ

売場
 春から晩秋までの収穫シーズンには、新鮮野菜を求める人で直売所が大いに賑わう。加えて、地元産素材を生かしたさまざまな加工品も好評だ。
 「会津山塩を用いたあめは、根強い人気です。また、標高の高い裏磐梯高原特産のインゲン豆「花嫁ささげ」を材料にした「幸せ大福」も、味の良さとかわいらしさで評判です」と宍戸さん。
 ほかに、喜多方ラーメンやご当地菓子などが豊富に揃う。中でもおすすめは、大塩裏磐梯温泉の源泉で培養した酒母を用いて仕込む、地酒「歌磐梯」。「淡麗でやや辛口の、さわやかな味わいです。ネーミングに際しては、シンガーソングライターの小椋佳さんに名前を付けていただきました」。

大きな寒暖の差が育む人気のアスパラ

アスパラ
 北塩原村では、アスパラの栽培も盛ん。春から初夏にかけての最盛期には、甘くて味・風味共に濃い良質なアスパラが直売所に並ぶ。太くてもやわらかく、昼前に完売することも多い人気野菜で、これを楽しみに毎年訪れる人も多い。

「花嫁ささげ」のかわいい和菓子

花嫁ささげ
 「幸せ大福」は、特産のインゲン豆「花嫁ささげ」を用いたご当地スイーツ。その上品な味わいの白あんを大福の皮で包んだもので、中に生クリームと生チョコが入っている。紅白2つで420円。冷凍で販売されるので、お土産にも重宝だ。

心地よい酔い心地「佳き酔 歌磐梯」

佳き酔 歌磐梯
 北塩原村産の酒造好適米・五百万石を、名水・小野川湧水で仕込んだ地酒。製造は喜多方市の大和川酒造に委託している。村内の豊かな田園風景や、山と湖が織り成す四季折々の景色を思わせる味わいで、静かなメロディが聞こえて来るよう。

ミネラル豊富 味わい懐かしい塩あめ

塩あめ
 昔ながらの伝統製法で全工程手作業による、貴重な「会津山塩」。これを加えてあめにしたのが「会津山塩あめ」(各300円)だ。味は、プレーン、黒糖、バター風味があり、トレッキングやサイクリングなどアウトドアのお供にも喜ばれている。

名物ソフトは、山塩とモンブラン風「そば」

そばソフト
 バニラベースに「会津山塩」を加えたあっさりソフト(300円)が人気を博している。心地よい塩気と、あと口の良さが好評だ。また、北塩原村産の韃靼(だったん)そばを配合し、香ばしく風味豊かに仕上げたざるそば風「そばソフト」も話題の味。

生産者インタビュー

朝晩の大きな寒暖差が野菜をおいしくします
 各農家で朝採りした野菜を直売所へ運ぶ、集荷担当の古川さん。年間では、50軒ほどの農家が手塩にかけた農産物を出荷している。
 「春から夏にかけてのアスパラや、彩りもきれいな夏野菜、秋冬の白菜や大根など、その時期一番のおいしい野菜を揃えています。鮮度が良いので、甘み、うまみ共に濃く、立ち寄られたみなさんに喜ばれています」(11月中旬~4月中旬は休業)


PAGE
TOP