【国道252号】道の駅 会津柳津

道の駅 会津柳津

道の駅 会津柳津 レイアウト図

道の駅 会津柳津 レイアウト図

施設概要

住所:河沼郡柳津町大字柳津字下平乙181-1
電話:0241-42-2324
営業時間:9:00~17:00
定休日:無
駐車場:普通車(100台)、大型車(9台)、障がい者用(1台)
公式サイト:道の駅 会津柳津
清柳苑 お食事処
電話:0241-42-2324(代)
営業時間:11:00~14:00 土日11:00~15:00(冬期は土日も~14:00)
定休日:無
席数:60席
タバコ:全席禁煙
清柳苑 売店コーナー
電話:0241-42-2324(代)
営業時間:9:00~17:00
清柳苑 農産物コーナー
電話:0241-42-2324(代)
営業時間:9:00~17:00
アクセス
大きな地図で見る

蕎麦打ち工房で挽きたて打ちたて

手打ち十割そば ソースかつ丼・そばセット
▲名物カツ丼と手打ち十割そば ソースかつ丼・そばセット 980円
 「観光物産館清柳苑」入口正面に、たっぷりとした広さを備えたガラス張りの「蕎麦打ち工房」がある。食堂で提供される蕎麦は、町内の「博士高原」で栽培される推奨品種「会津のかおり」を用いており、毎日蕎麦打ち職人によりこまめに手打ちされている。透き通るようになめらかでほど良い太さがあり、昔ながらのしっかりとしたつゆで味わうと、その甘みと香りが一層引き立つ。写真はざるだが、かけそばも選べる。
 エビ天と季節の野菜5種類が楽しめる「新鮮野菜天丼」も好評だ。
その他のメニュー
柳津ソースかつ丼……………670円
新鮮野菜天丼……………670円
高遠そば……………870円

売場記事

地元産素材の加工品も好評です

売場
 「野菜類は、季節のものが農家さんから直接入荷します。店内だけでなく、外にも売り場を広げ、その時期のおすすめを楽しくアピールしています。12月から2月までは、数量限定ですが「雪中キャベツ」が入荷します。これは、1m50㎝くらいの雪の下から掘り出すもので、玉が大きく甘みも濃くて人気です。
 また、毎年6月には、柳津町の景観が菜の花で一面黄色く彩られとても美しくなります。この、地元産なたね油を用いて作られるオリジナルドレッシングは、同じく地元産の野菜を材料にしており、風味豊かでおすすめの味わいです。ニンニク味噌、ジャムなどの加工品も評判が良いのでお土産にいかがですか」。

冬の大玉キャベツなど季節の新鮮野菜が入荷

大玉キャベツ
 北塩原村では、アスパラの栽培も盛ん。春から初夏にかけての最盛期には、甘くて味・風味共に濃い良質なアスパラが直売所に並ぶ。太くてもやわらかく、昼前に完売することも多い人気野菜で、これを楽しみに毎年訪れる人も多い。

会津柳津オリジナルドレッシング

オリジナルドレッシング
 地元産のなたね油と野菜を用いて作られるオリジナルドレッシング(各390円)。イタリアン風の「トマト」と、地元産タマネギをたっぷり配合した「和風」、果物とはちみつを加えまろやかに仕上げたガーリック風味「焼肉のたれ」がある。

珍しいほおずきとポポーの手作りジャム

手作りジャム
 町内の農家で、材料の栽培から加工まで手掛ける珍しい素材のジャム。別名「カスタードアップル」とも言われる果実を用いた、みつリンゴ入り「ポポージャム」、はちみつ入りの「フルーツほおずきジャム」、「サルナシジャム」の3種類。

炒った粟が香ばしい「あわソフト」

あわソフト
 バニラベースに「会津山塩」を加えたあっさりソフト(300円)が人気を博している。心地よい塩気と、あと口の良さが好評だ。また、北塩原村産の韃靼(だったん)そばを配合し、香ばしく風味豊かに仕上げたざるそば風「そばソフト」も話題の味。

プライスもうれしい素朴な「野菜ケーキ」

野菜ケーキ
 「野菜ケーキ」(100円)は、定番のカボチャに加え、季節の野菜を用いたものがもう1種類提供される。この日は、ムラサキ芋のケーキ。生地の半分は野菜を配合するため、その味わいとコクが感じられる。天然の色合いもきれいだ。

生産者インタビュー

朝晩の大きな寒暖差が野菜をおいしくします
 各農家で朝採りした野菜を直売所へ運ぶ、集荷担当の古川さん。年間では、50軒ほどの農家が手塩にかけた農産物を出荷している。
 「春から夏にかけてのアスパラや、彩りもきれいな夏野菜、秋冬の白菜や大根など、その時期一番のおいしい野菜を揃えています。鮮度が良いので、甘み、うまみ共に濃く、立ち寄られたみなさんに喜ばれています」(11月中旬~4月中旬は休業)


PAGE
TOP